横浜市青葉区の裏側矯正なら、ながの矯正歯科たまプラーザ│マウスピース矯正

045-509-1120

マウスピース矯正
マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

通常の矯正治療では、『ブラケット』や『ワイヤー』という矯正装置を歯の表側または裏側につけます。『マウスピース矯正』は、これらの装置を使わず、マウスピース型の『アライナー』という装置を使う治療方法です。
アライナーは透明で薄いので、「装置が目立つから嫌だ」と治療中の審美面が気になる方も、装置が目立たずに治療を進められます。また、取り外しできるため、食事や歯磨きにも不自由せず、装置も洗えて衛生的です。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

マウスピース矯正のメリット

審美面を気にせず矯正治療を進められる

装置が目立たないことが、マウスピース矯正の最大のメリットです。そのため、「治療中であることを知られたくない」「職業柄、通常の治療ができない」などという方にお勧めです。

取り外しできる

取り外せるので違和感なく食事でき、装置を気にせず歯磨きできます。また、装置を洗えるので衛生的な状態で使うことができます。

違和感や痛みが少ない

薄型のマウスピースを使い、通常の装置より弱い力で歯を動かすので、違和感や痛みが軽減されます。

金属アレルギーの心配がない

通常の矯正治療のような、ブラケットやワイヤーなどの金具がないので、金属アレルギーの方でも安心して使うことができます。

マウスピース矯正のデメリット

装着時間を守らないと治療が滞る

マウスピース矯正は、1日17~20時間以上装着することで効果を得られます。そのため、外している時間が長いとなかなか効果を得られず、治療期間が長くなってしまいます。

重度の不正咬合には適応しない

出っ歯、受け口、すきっ歯、八重歯などでも、軽症であればマウスピース矯正で治療できますが、重症だと効果が期待できないことがあります。
マウスピース矯正に適応するかどうかは、実際に歯科医師が診察して判断します。

装置の種類

マウスピース矯正の矯正装置にはさまざまな種類がありますが、当院では以下の装置を取り扱っています。

  • インビザライン

    インビザライン

    最初に歯の動きをコンピューターでシミュレーションし、治療が終わるまでに必要なアライナーを、まとめて一度でつくります。
    10日から2週間に一度、歯の状態に合った次の段階のアライナーと交換しながら治療を進めます。診察は1.5~2ヵ月に一度となります。

  • アソアライナー

    アソアライナー

    『クリアアライナー』ともよばれ、2~3週間に一度歯型を採って、次の段階のアライナーをつくり、新しいアライナーと交換しながら治療を進めます。歯型の採取とアライナーの装着を繰り返します。