横浜市青葉区の裏側矯正なら、ながの矯正歯科たまプラーザ│よくあるご質問

045-509-1120

よくあるご質問
よくあるご質問

よくあるご質問

患者さまからよく寄せられるご質問と回答です。矯正治療に関して知りたいことなどがありましたら、こちらをご覧ください。こちらに掲載されていないことで、ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※クリックすると詳細をご覧いただけます。
Q.矯正治療中は痛みますか?
A.

装置をつけてから歯が動き始める2~3日間は、痛みを感じたり違和感を覚えることがありますが、これは歯が動いている証拠です。ずっと続くことはありません。
また、最近では痛みを軽減できる装置も開発されています。

Q.金属アレルギーなのですが、治療できますか?
A.

マウスピース型の装置を使う『マウスピース矯正』や、通常の治療でも、ブラケットがプラスチックやセラミックなどでできているものであれば、金属アレルギーの方でも心配ありません。

Q.『裏側矯正』は『表側矯正』ほどきれいに仕上がらないのですか?
A.

裏側矯正は、矯正治療の中でも特殊な技術が必要な専門性の高い治療です。
当院では、裏側矯正の技術を専門医院にて学んだ歯科医師が対応いたします。ですので、治療の質、期間ともに表側矯正との差はございません。

Q.装置が目立たないので『マウスピース矯正』をしたいのですが、どんな症状でもできますか?
A.

出っ歯、受け口、すきっ歯、八重歯などでも、軽症であればマウスピース矯正で治療できますが、重症だと効果が期待できないことがあります。
マウスピース矯正に適応するかどうかは、実際に歯科医師が診察してからでないと判断できないので、ぜひご来院ください。

Q.矯正治療をするときは、必ず抜歯するのですか?
A.

必ずしも抜歯しなければならないというわけではありません。
症状によって抜歯した方が良い結果を得られることもありますが、不必要な抜歯は極力しないよう心がけています。精密に診断することで、不必要な抜歯を少なくすることができます。

Q.虫歯があるのですが、虫歯の治療が終わってから矯正治療を始める方がいいのですか?
A.

虫歯の治療が終わってからでないと装置をつけられない場合は、先に虫歯治療を行ないます。
また、いま歯に入っている詰め物や被せ物は、整ってきた歯並びに合わせて矯正治療の途中または終了後に作り直すことがあります。

Q.矯正治療は何歳ごろから始めればいいですか?
A.

治療の開始時期は、症状だけでなく、骨格、習癖、成長の度合い、健康状態などで異なります。また、ご本人とご家族の治療に対する理解や、取り組む姿勢によっても異なります。
早く始めれば、抜歯せずに治療できる可能性が高くなるなどのメリットもありますが、早いほど良いとも限らないので、お子さまの歯並びが気になるという方は、まずご相談ください。

Q.矯正治療にかかる期間はどのくらいですか?
A.

症状や年齢によって異なりますが、一般的には約1〜2年ほどです。

Q.矯正治療にかかる費用はどのくらいですか?
A.

症状や年齢によって異なりますが、一般的には約70〜100万円ほどです。

Q.矯正治療に健康保険は適用されますか?
A.

矯正治療は、基本的に健康保険が適用されない自費診療です。ある特定の症状がある場合は、健康保険が適用されることもありますが、通常の金属製の矯正装置や決められた素材を使った装置しか使えないなどの制約があります。