横浜市青葉区の裏側矯正なら、ながの矯正歯科たまプラーザ│表側矯正

045-509-1120

表側矯正
表側矯正

表側矯正とは

ブラケット

『ブラケット』や『ワイヤー』という矯正装置を歯の表側につける矯正治療で、『唇側矯正』ともよばれます。矯正治療のなかで最も一般的な方法で、「矯正治療」といって多くの方がイメージするのが、この『表側矯正』です。
装置が外から見えてしまいますが、幅広い症状に適応するので、ほとんどの不正咬合を治療できます。
また、審美面のマイナスイメージが大きいですが、装置の種類が豊富で、最近では『審美ブラケット』という白や透明のブラケット、『エステティックワイヤー』という白いワイヤーなどが開発され、目立たないよう工夫されています。

表側矯正のメリット・デメリット

表側矯正には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

表側矯正には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

表側矯正のメリット

ほとんどの不正咬合を治療できる

装置の種類が豊富で、動かす部分に制限がなく幅広い症状に適応するので、ほとんどの不正咬合を治せます。

違和感や発音のしづらさが少ない

装置が舌に触れないので、違和感や発音のしづらさがあまりありません。

『裏側矯正』や『マウスピース矯正』より低価格で治療できる

最も一般的な方法なので、裏側矯正やマウスピース矯正より治療費や調整費が低価格になります。

表側矯正のデメリット

装置が外から見える

装置を歯の表側につけるので、外から見えてしまいます。しかし、審美ブラケットやエステティックワイヤーを使うことで、目立ちにくくなります。

装置の厚みで口元に突出感が出る

歯の表側に装置をつけることで、口元が前に出て見えます。

装置の種類

表側矯正の矯正装置にはさまざまな種類がありますが、当院では以下の装置を取り扱っています。

  • 審美ブラケット

    審美ブラケット

    白や透明のブラケットなので、歯の表側につけても目立ちません。銀色のワイヤーではなく、白い絵スティックワイヤーを使うことで、さらに目立たなくなります。

  • セルフライゲーションブラケット

    セルフライゲーションブラケット

    通常の表側矯正装置は、ブラケットにワイヤーを通してゴムで固定するため、ブラケットとワイヤーの摩擦が大きくなり、それが痛みの原因となります。『セルフライゲーションブラケット』は、シャッターがついてワイヤーが外れないようになっており、強く固定せずにすむので、ワイヤーとブラケットとワイヤーの摩擦を軽減でき、痛みが少なくなります。金属ブラケットより、費用が高額になります。